食の安全に関して
食の安全に関して

衛生管理の徹底


従業員の衛生意識の教育と徹底
昨今では、異物混入が自社製造中に起こるケースも未だに少なくはありません。
環境を整え、機材や仕組みを増やしても、そのケースはゼロにはなりません。
全自動の機械であれば限りなくゼロにすることは可能でしょう。
しかし、そういった現場で作業を行うのは私達人間です。
私達人間の、現場社員の意識を高めることも混入ゼロを維持することに対しては
重要であると私達は考えております。

そこで、九州おぎはら産業で日々徹底しています洗浄の様子をご紹介いたします。
現場を見ていただくことも、また一つの「安心」につがればと思います

エアシャワー
衣服に付着したホコリや、目に見えない部分の微細な異物の除去
全身を空気洗浄する広範囲な洗浄機器でクリーンな状態で入出することが可能。
パラキャップの着用
頭髪に関しては社内で基準を設けておりますが、抜け落ちは防ぐ事ができませので、
髪の毛全体を覆うことにより、髪の毛の混入を防止します。

手洗い、指先の洗浄
手先指先は日常で最も物に触れる体の一部ですので、雑菌や異物が付着している可能性が非常に高いですので、爪の間まで念入りに洗浄を行います。
ニトリル手袋着用の着用
手先指先の洗浄の徹底に加え、手袋を着用することにより更なる衛生面の向上に。異物・雑菌の付着を防ぎます。

マスクの着用
唾液等の口からの異物が、食品への混入を防ぐ為。咳やくしゃみ、会話でも数メートル先まで異物は広がります。
広がりを防ぐために、マスクの徹底を行っております。
長靴の洗浄
足元にはどうしても湿気がたまりジメジメします。湿気による雑菌の繁殖を防ぐため、使用後の洗浄と乾燥は徹底しています。

機材の洗浄
毎日休まず使うものだからこそ徹底洗浄。熱消毒と洗浄は日々怠りません。
洗浄・メンテナンスに使用する洗剤や道具も人体に安心安全なものを使用しています。
包丁・まな板の洗浄
直接食品に触れる大切な道具です。機械同様洗浄・消毒も徹底。
常に清潔を保ち、雑菌の繁殖を防ぎます。